休業損害計算ツール

休業損害計算ツール

休業損害計算ツールでは、弁護士に依頼した場合の最も高額な賠償基準である弁護士基準(裁判基準)の休業損害が計算できます。保険会社が提示する金額との違いをチェックしてみましょう。

*半角で入力してください。
雇用形態
事故前3ヶ月間の収入 万円
事故前3ヶ月間の勤務日数
事故前年の所得 万円
事故発生年
休業日数
休業損害は{{kyuugyou_songai | addComma }}万円です。
ツールの使い方

  1. 雇用形態を選び、各項目に数値を入力します。
    • - 収入:賞与・手当を含みます
    • - 休業日数:本来勤務する日に休んだ日数を記入してください。有給を使用して休んだ場合も休業日数として数えます
    • - 学生などで内定がある場合:始業日に勤務開始したと仮定して記入してください。
  2. 「休業損害を計算」ボタンをクリックします。

※無職の場合は収入が無いため、休業損害は認められません。
※計算結果は大まかな目安となります。当ツールの計算方法はあくまで一例のため、実際の金額とは異なります。正確な休業損害を知りたい場合は弁護士に相談しましょう。

タイトルとURLをコピーしました