交通事故の弁護士費用倒れツール

交通事故の弁護士費用倒れ計算ツール

交通事故の弁護士費用倒れ計算ツールでは、次の金額が計算できます。

  • 弁護士基準の賠償金
  • 賠償金から弁護士費用を差し引いた金額

弁護士に依頼して費用倒れにならないか確認してみましょう。

※半角で入力してください。
※保険会社から賠償金の提示を受けてない場合は空白で計算してください。
入院期間
通院期間
休業日数
事故発生年月
被害者の生死
職業
前職の年収 万円
被害者の性別
怪我の程度
後遺障害等級
被害者の位置づけ
扶養者の人数
症状固定時の年齢
死亡時の年齢
保険会社が提示した賠償金額 万円
弁護士費用特約
弁護士基準の賠償金合計額 {{goukei | comma}}万円
手元に残る金額 {{zankin | comma}}万円
弁護士費用は{{hiyou | comma}}万円ですが、弁護士特約により300万円まで保険会社が負担してくれます
報酬金が賠償金より高額なため費用倒れになる可能性があります。
弁護士基準の賠償金合計額 {{goukei | comma}}万円
弁護士費用 {{hiyou | comma}}万円

保険会社の提示金額が弁護士基準の賠償金{{goukei | comma}}万円よりも高いため、弁護士に依頼しても賠償金を増額できない可能性が高いです。
賠償金詳細
入通院慰謝料 {{nyuutuuin | comma}}万円
後遺障害慰謝料 {{kouisyou | comma}}万円
死亡慰謝料 {{sibou | comma}}万円
休業損害 {{kyuugyou | comma}}万円
逸失利益 {{issitu | comma}}万円
※上記金額は目安です。実際の金額は個々の状況によって大幅に変動します。
0以上の数値を入力してください。
ツールの使い方

  1. 各項目に数値を入力、選択肢を選びます。
  2. 「計算する」ボタンをクリックします。

※弁護士費用は交通事故に強い法律事務所が多く採用している下記の費用で算出しています。

  • 保険会社の提示がない場合:獲得賠償金額の10% + 20万円
  • 保険会社の提示がある場合:提示金額からの増額分の20% + 20万円
  • 弁護士費用特約がある場合:下記表のように賠償金額に応じて変化します。
賠償金額 着手金 報酬金
125万円以下 10万円 賠償金額の16%
125万円~300万円 賠償金額の8% 賠償金額の16%
300万円~3000万円 賠償金額の5% + 9万円 賠償金額の10% + 18万円
3000万円~3億円 賠償金額の3% + 69万円 賠償金額の6% + 138万円
3億円より大きい 賠償金額の2% + 369万円 賠償金額の4% + 738万円
タイトルとURLをコピーしました