Driving News

東京都内で多発する中高年ライダーの死亡事故!リターンライダーの事故原因と対策を考える

中高年ライダーのバイク運転中の死亡事故が急増しています。 警視庁の発表によると、平成26年度の全国のバイク事故での死者数は697人で事...

【行楽シーズン対策】運転恐怖症の私がドライブを楽しむためにする9つの工夫

お恥ずかしいことに、私は運転するのが怖いという運転恐怖症です。いや、正確には交通事故恐怖症です。。 そのため、いつも運転時には恐怖心と...

【反射材】の着用で高齢者の交通死亡事故リスクを0.7%以下に減らそう!

高齢者の痛ましい交通死亡事故が多発しています。その事故が多い時間帯をデータで見ると、早朝、夕暮れ時、深夜という暗くて視界が悪い時間で起きてい...

「ゾーン30」はドライバーにまだまだ認知不足。生活道路でのお年寄り、子供の事故はもっと減らせる。【埼玉県発】

ニュースで報道される交通事故は、主に幹線道路や高速道路で起こる大事故が目立ちますが、生活区域内の狭い道路で起こる事故も問題となっています。 ...

ながらスマホで犯罪者続出!?数千万の賠償金払っても「歩きスマホ」「自転車スマホ」しますか?

ながらスマホが悲劇を生む スマホが普及して以来、よく見かける光景が「自転車に乗りながらスマホ」、「歩きながらスマホ」といったながらスマホで...

落下物を避けて交通事故になった!過失割合や責任はどうなるの?

交通事故は他の車と衝突したり、歩行者や自転車に接触したりするだけでなく、落下物が原因となって起こることもあります。 高速道路上だけでも...

高齢者は運転免許証の返納で特典が受けられる?バス・タクシーの乗車券や商品券も

近年、お年寄りが引き起こした交通事故の報道が増えています。 交通事故の件数自体は年々減っていますが、一方で高齢者が引き起こす交通事故件...

高齢者のブレーキとアクセルの踏み間違え事故が多いのはなぜ?

高齢化が進むに連れ、ドライバー全体に占める高齢者の割合も高くなっています。そうなると心配されるのが高齢ドライバーによる車の事故。 メデ...

あおり運転をする車に遭遇してしまったら  あなたの身を守る正しい対処法

近年、あおり運転による重篤な事故が立て続けに起きたことから、これまであまり関心を持たれることのなかった「あおり運転」が大きな注目を集めるよう...

オービス・Hシステム・Nシステムの違いは?生活道路でもレーダーで速度測定へ

暖かくなると、街だけでなく海や川、山などへの遠出が増えます。 日常的に自動車を使わない人にとっては、たまの高速道路となり、音楽をかける...
タイトルとURLをコピーしました