事例

ケース別で見る交通事故による慰謝料・賠償金・示談金の事例

被害者が受け取る慰謝料や賠償金、示談金は、増額も可能 全国各地で毎日のように交通事故は発生をしています。道路を使用している人であれば、いつ...

10%だった過失割合が専門家の交渉により5%になった。

交通事故の被害者になった場合、加害者から慰謝料や損害賠償を受け取ることが出来るのですが、そこで重要になるのが過失割合と言われるものです。この...

弁護士の交渉により後遺障害14級9号の認定を獲得した。

交通事故により左親指に後遺症が残ったCさんの場合 今回の例となる交通事故の被害者であるCさんは、事故によって左親指を骨折しその結果後遺症が...

異議申立にて逸失利益が認定され、さらに高い賠償金を請求できた。

交通事故というのは、被害を受けた方の怪我が完治をせずに生涯にわたって症状が残るようなこともあります。そういった場合、後遺障害の認定を受けて加...

弁護士の介入により休業損害が認められ、示談金が大幅に増額した。

交通事故によって怪我をして仕事をすることが出来なくなった場合、事故に遭わなければ行うことが出来た仕事に対する報酬の分だけ「休業損害」という形...
タイトルとURLをコピーしました